抑えられない苛々や憂鬱

 

何だか無性に苛々する。何があったという訳でもないけど苛々してしょうがない。または何だか気だるくて、訳もなく落ち込んでしまう。生理前にこのような症状が現れる人が大勢います。原因は生理だと分かっているし、何が気に障ると言われても困る。何かあったのかと言われても困る。

 

生理前症候群と呼ばれる症状の一部で、重い人ならば苛々する、なんだか落ち込むなどという簡単な話ではなく、酷く暴力的になる人もいれば、不安に苛まれて仕方ない、肉体的にも重い症状だと頭痛や吐き気で全く動けないという方もいます。

 

横文字では PMS(月経前症候群)と呼ばれるこの症状ですが、特に精神面での症状が著しく重い場合はPMDD(月経前不機嫌性障害)と呼ばれているようで、男性などでは特に耳に馴染みのないものかもしれません。

 

しかし、それらの症状については恐らく多くの人が身を持って実感しているのではないでしょうか。男性には理解しにくい症状故に、誤解も生みやすいこの症状。

 

その不平等さや理解の足りなさから苛々に拍車をかけることもあり得るし、自己嫌悪で身動きがとれなくなってしまう人もいるでしょう。

 

こんなに辛い思いをしているのは自分だけだろうかと思うかもしれませんが、実際には 女性の9割近くが生理前になんらかの症状を経験すると言います。全員が辛い症状に悩んでいるという訳ではありませんが、PMS(月経前症候群)自体は多くの女性に関わりのあることなのです。

 

HIV検査

 

月の半分は不調ということ

 

月経前症候群(PMS)は文字通り生理に先駆けて症状が現れます。どうしてだか苛々する、と思っていたらやっぱり生理が始まったというのは基本的なパターン。個人差もあるでしょうが、 大体一週間から数日前にPMSは起こります。そしていざ生理が始まると、ケロッとしてしまう人もいれば生理痛が始まってまた辛くなるという方もいる。

 

生理は基本的に一週間足らずで終わりますから、PMSの症状や生理痛が酷い人なら月のおよそ半分はなんらかの不調に苛まれているということになります。これでは毎月の生理が恐くなってしまっても仕方ないし、その度に症状が現れることにうんざりしてしまっても仕方がないですよね。

 

このような症状を軽減させるために、出来ることはたくさんあります。

 

病院での治療もある程度は出来ますし、ホルモンバランスを整えるよう食事に気を遣ったり、適度な運動をしたり、リラックス出来る方法をそれぞれ実行したり。一見色々と対処方はあるようですが、いざ症状が現れてどうしようもなく不調、どうしても動けない、感情もネガティブになってしまっているという状態で、これらの一体どれくらいのことが有効に行われるでしょうか。

 

病院での治療では、月経をコントロールするための低用量ピルや、抗うつ剤などで症状を抑える方法がありますが、化学的な薬を飲みたくないと言う気持ちがあれば治療に対して懐疑的になってしまうこともあると思います。

 

これから子供が欲しいという方には、薬による妊娠に与える影響も気になるのではないでしょうか。

 

自分で選んだあらゆる努力をしても、またすぐにやってくる生理に水をさされてしまうということの連続で、なかなか改善しないことにも落ち込んでしまう。 PMSは非常に悩ましい症状なのです。

 

月経前症候群対策サプリ

 

人間関係の悪循環

 

前述した通り、PMS(月経前症候群)やPMDD(月経前不機嫌性障害)は男性には理解しにくい症状です。一見すると女性はただ機嫌が悪くなったように見えますし、無闇に無気力に見えます。

 

仕事場などでは女性は症状を抑えながら働いているのでなお更分からないものですし、知らずに神経を逆撫でする行動や発言を取ることもあるでしょう。

 

PMS(月経前症候群)の症状の中に男性に対して攻撃的になるというものがありますが、これはホルモンや神経伝達物質の影響もあるとは言ってもやはり些細な言動が引き金になってということが多いのではないでしょうか。

 

男性は女性を扱いにくいと思いますし、気分屋だと思います。わがままで短気だという印象を与えるかもしれませんし、やる気がないと判断されてしまうこともあるでしょう。

 

女性は男性のデリカシーのなさも気の利かなさも痛感して、つい普段なら何でもないことでも苛々してしまう。無理解に苛々するもそれがPMSの症状なのか本当に苛々しているのかも分からない。

 

生理前だからと諦めるような顔をされたらそれはそれで腹立たしく、結局男には分からないのだと憎たらしく思ったり落ち込んだりする。そんな相乗効果と悪循環で、PMS(月経前症候群)はどんどん深刻になっていきます。

HIV検査